不貞行為の証拠

不貞行為の証拠

不貞行為の証拠は、肉体関係があったことを証明するものです。
夫婦には貞操義務というものがあって、この貞操義務に違反することを法律では不貞行為といいます。簡単に言うと、配偶者以外の異性と性的関係をもつことが不貞行為です。

 

今回の不貞行為の証拠のサンプルとして掲載しているのは、原一探偵事務所で実際に見せていただいた「調査報告書のサンプル」を撮影したものです。
それではどんな写真が不貞行為の証拠となるのか、実際のサンプルで見ていきましょう。

 

不貞行為の証拠写真のサンプル

 

不貞行為、つまり、端的に言えば、男女の行為の写真がまさになわけですが、その行為を第三者が撮影して証拠にするのは隠し撮りでもしない限り不可能です。(隠し撮りは法律的に問題が生じます。)
そのため、一般的には、ラブホテルに男女で出入りする写真や動画が不貞行為の証拠として提出されることが多いです。

 

具体的には、こんな感じの写真です。

 

不貞の証拠写真 ラブホテル出入り

 

サンプルなのでモザイクが入ってますが、実際には顔が鮮明に写っています。
不倫がバレないように、ホテルの出入口付近では少し距離を置くのはよくあるパターンのようです。

 

ですから、入る時と出る時を押さえれば、言い逃れはできません。

 

証拠写真のポイント

二人で一緒であることが分かり、なおかつ、顔が写っていて人物が特定できるのが条件です。ラブホテルに入る時と出る時の日付と時間が入っていると、不貞行為がなされた証拠が明確になりますね。

 

原一探偵事務所のようなきちんとした探偵の調査報告書だと、調査対象者が浮気相手と接触した時点から時系列で写真が並べられて、いつどこで何がなされたかわかるようになっています。

 

不貞の証拠写真 時系列

 

 

ビジネスホテルの写真

 

ラブホテルは一般的に男女の行為(セックス)がなされる場所として認識されていますよね。では、ビジネスホテルに一緒に入る写真は、不貞行為の証拠になるのでしょうか?

 

ビジネスホテルの場合は、一緒に部屋に出入りする写真がラブホテルと同レベルの証拠となります。
ビジネスホテルの場合は「仕事で宿泊して偶然に会った」と言われたらそれまでなのです。ですから、証拠写真の難易度はラブホテルよりもあがりますね。

 

 

二人でイチャイチャしている写真

 

配偶者が異性と常識の範囲を超えて恋人のようにイチャイチャしていたら、「浮気」「不倫」と思ってしまいますよね。ですが、法律的にはこの1枚の写真で不貞行為は立証できるものではないのです。直接的な証拠にはなりません。

 

では、このような写真が意味がないのかといえばそんなことはありません。
原一探偵事務所の調査報告書のように、恋人のような写真を何枚も撮影して状況を積み重ねることで不貞関係を立証していくことができます。

 

原一探偵事務所の調査報告書は、二人で恋人同士のように歩く写真に加えて、不貞行為の証拠となるラブホテルの出入りまで押さえるので、不倫の裁判に勝てる証拠となっています。

 

 

どこの探偵でも裁判で勝てる証拠がつかめる?

 

原一探偵事務所の調査報告書から証拠写真のサンプルを出してので、探偵に調査依頼をすることについて補足します。

 

不貞の証拠写真をまとめた調査報告書ですが、探偵事務所によって質が全くことなります。どこの探偵に頼んでも、ハライチと同じレベルの証拠写真が出てくるわけではないので、よくよく注意して下さい。

 

特に、夜の写真撮影は、撮影技術と撮影機材が両方が揃わないと難しいそうです。
探偵を選ぶ時には、夜に撮影した証拠写真のサンプルや、至近距離での撮影サンプルを見せてもらうといいかもしれないですね。

 

ちなみに、原一探偵事務所の至近距離での撮影はこんな感じです。

 

浮気の証拠写真 至近距離

 

私が指差しているのが依頼者の旦那様で、そばにいるのが浮気相手ですね。
エレベータに同乗しての撮影です。

 

 

自分で証拠写真を撮影できるか?

ここまで、不貞の証拠となるサンプル写真をお見せしているので、腑に落ちると思うのですが、素人が不倫の裁判で勝てるレベルの不貞行為の証拠を写真におさめるのは無理です。

 

調査対象者に顔が知られているわけですからね。
尾行することがそもそも難しいですし、ラブホテルに出入りする夜間の撮影ができるはずもありません。

 

繰り返しになりますが、直接的に不貞行為の証拠になるのは、肉体関係があったことを証明するものだけですよ。それ以外の写真は、補助的なものと認識しておいて下さい。
これから不倫の裁判にそなえて証拠を集めるなら、信頼できる探偵に頼むのがベストだと思います。