夫の浮気で離婚

夫の浮気で離婚する時のお金の話

夫の浮気に気付いた時の女性の心理として

  • 頭に血が上ってすぐに「離婚!」
  • 力が抜けて「離婚されたらこれからどうしたら」と途方にくれる
  • 不安とイライラと戦いながら「ガマンガマン」と自分をなだめる

このどれかの状況になっているケースが多いです。

 

ただ、どんな心境で板としても、頭の片隅に「離婚」という言葉は浮かんでいるのではないでしょうか?

 

でも、この言葉を夫の前で口にするのは、すべての準備が終わってからにしたほうが賢明です。ここでは、夫の浮気で離婚する場合に知っておきたいお金に関する知識をお話したいと思います。
自分の身は自分で守ることが必要ですよ。

 

夫の浮気で離婚届

 

浮気されたら、法律を確認する

 

浮気(不倫)は、法律で禁止されている行為です。
そのため、夫が浮気、つまり、不貞行為を繰り返していたら、あなたは離婚を申し出ることができます。

 

不貞行為(ふていこうい)とは、法律用語であり、配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されている。

 

引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E8%B2%9E%E8%A1%8C%E7%82%BA

 

ただし、離婚を申し出ることはできても、生活を保証されるかは別問題です。

 

夫の浮気による離婚は、無知のまま突き進むと女性にとってはリスクの多い選択なります。離婚するのが悪いわけではなくて、知らないで感情に任せて離婚するのがリスクがあるのです。

 

 

離婚したあとの生活

 

まずは、離婚した後の自分の生活が成り立つように、法律上の自分の権利を知ることが大切です。特に、金銭的なことはしっかり考えなければなりません。

 

金銭的なことは何も決めないままに離婚手続きをしてしまうことがよくありますが、後々、重大な問題になることが多いです。
後からでは交渉すらできなくなることもあります。

 

離婚を切り出す前に事前に交渉の準備して、離婚する前に話し合ってから離婚届に判を押すことです。

 

夫の浮気で離婚を考えるなら、今知っておくべきお金の知識は以下のとおりです。

 

婚姻費用

 

離婚を切り出したら夫が出ていってしまった・・・
気まずくなって別居したけれども、生活費がもたない・・・

 

こんな状況になったとしたら、夫婦が別居してる期間の生活費は、夫に婚姻費用として請求することができます。婚姻費用は「ひと月いくら」という形で話し合って決めるのが一般的です。
ただし、夫が素直に支払わない場合は、「婚姻費用分担請求調停」を起こすことになります。

 

また、婚姻費用はあとから請求できません。請求した時点から発生しますので、夫婦間で話し合いがうまくまとまらないときには、弁護士に相談して請求する段取りを組んでおくといいでしょう。

 

財産分与

 

離婚となれば、財産分与についてしっかり考える必要があります。ここで、離婚の原因がパートナーの浮気なら、妻のあなたは自分が有利になると考えるかもしれません。しかし、離婚の際は、いかなる理由でも財産は完全に2分するのが普通です。

 

例えば、あなたが働いて夫を養っていたとしても、財産は2分割されるのです。場合によっては不公平を感じることもありますが、この点は致し方ありません。離婚の原因とは分けて考えるしかないでしょう。

 

慰謝料の請求

 

夫の不倫が原因で離婚するとなると、妻のあなたは夫とその相手に慰謝料を請求できる場合があります。ただし、不倫相手が、既婚者と知らないで関係を持った場合は難しいこともあるので注意しましょう。慰謝料を請求するなんてと抵抗のある方もいるでしょうけれども、認められた正当な権利なので、その後の生活も考えてしっかりと検討しましょう。

 

金額は不倫のケースによっての相場があるので、その範囲内で請求するのが一般的です。

 

合わせて読みたい記事 

 

人生の損得を考える

 

信じていたパートナーの浮気が発覚すれば、ショックを受けたり腹立たしい気持ちになるのは当然です。すぐさま離婚、と考える人も少なくないでしょう。しかし、離婚を決める前に、夫婦関係について今一度考える時間を持つことはとても大切なことです。

 

例えば、どうして夫が浮気するに至ったのか、もう自分に向けられる気持ちがまったくないのか、お互いに本当に離婚を望んでいるのか、といったことを夫婦でじっくり話し合ってみるのは必要なことです。

 

直後は頭に血がのぼって離婚しか考えられなくとも、落ち着いてみればそうでもないということもあるでしょう。後々後悔しないよう、自分が損をしないためにも、じっくり時間をかけて考えてみるのも悪くないのではないでしょうか。

 

この記事もよく読まれています