妻の浮気

妻の浮気で離婚を迷っているなら?

「妻が浮気している?」
そう感じた瞬間、どんなに冷静な男性でも心の中がざわざわするものです。奥さまと離れている時間、何が起こっているか気になって落ち着きませんよね。
お気持ち、お察しします。

 

ここでは、【妻の浮気】に気づいてしまった夫が知っておくべき知識と情報をまとめてご紹介します。

 

 

まず、妻の浮気の進行状況を確認する

もし、奥さまが「浮気してる?」と思ったら、まず確認すべきは、浮気の進行具合です。

 

「男と会ってる」ただそれだけでは、離婚の事由にはなりません。法律的に離婚事由として規定されているのは不貞行為です。

 

参考に、民法770条1項で定められている離婚理由をご紹介しますね。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者の強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

つまり、離婚を迷っているのなら、まずは、不貞行為があるかどうかを証拠としてつかむ必要があるのです。

 

不貞と、浮気・不倫の違い

不貞というのは、法律用語です。
一方、浮気や不倫は法律用語ではありません。ですから、「どこからが浮気か?」という定義も感情によるところが大きいです。

 

ただ、一般的な認識として、浮気よりも不倫のほうが不貞行為に近い感覚はありますね。

 

不貞を証明できる証拠とは?

不貞行為の証拠としては

  • ラブホテルに出入りする写真や動画

など、不貞行為を断定できるものが有効です。これを直接証拠といいます。

 

離婚することも真剣に考えるほど悩んでいるのならそれ以外の証拠は、離婚の話し合いに置いては弱いと思っておいたほうがいいです。
お茶をしているレベルの遠目の写真などでは、不貞の証拠にはならないことを知っておいて下さい。

 

仮に、協議離婚などの話し合いになっても、不貞行為の確固たる証拠がないと、「悩みの相談に乗ってもらっていた」と奥さんの言い訳で乗り切られてしまうこともあります。

 

合わせて読みたい参考情報 

 

離婚するにしても奥さまとの修復するにしても、経済力がある男性の方には、多少の費用がかかっても、不貞行為を断定できる直接証拠をつかむことをおすすめします。
奥さまが浮気しているだいたいの時間帯がわかれば、浮気調査の費用はかなりおさえられます。

 

離婚を考える時の知識

もし、男と会っている妻が許せないなどで離婚を考えているならなおさらのこと、夫しての責任の範囲を明確にするためにも、不貞の証拠が必要となってきます。

 

知っておきたいお金の話(慰謝料・婚姻費用)

妻の不貞の証拠があれば、間違いなく、離婚は有利に進められます。
不貞行為の証拠が出されれば、妻だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

 

慰謝料を取りたいのは誰?浮気・不倫の慰謝料請求

 

それから、婚姻費用というのを知っていますか?
妻の浮気が原因で夫婦生活が破綻したとしても、離婚が成立するまでは、扶養義務が存在します。そのため、奥さんが専業主婦などで経済力がない場合には、婚姻費用(生活費)を渡してあげる必要があるのです。

 

慰謝料、婚姻費用、それぞれまったく別物ですが、結婚していた男女が別れには、お金の問題がつきまといます。

 

浮気の上に、お金の問題でもめるのは気持ちがいいものではありません。妻の浮気が原因で離婚を切り出すなら、不貞の証拠をつかんでからにするのがおすすめです。

 

注意点としては、奥さまが浮気相手と合わなくなった後で、不貞を立証するのは非常に困難です。
浮気問題を切り出すのは、不貞行為の有無を確認して、証拠をつかんでからにしましょう。

 

子供の親権について

「浮気をした妻に子供は渡さない」そう考える方はとても多いのです。でも、妻の浮気が原因で離婚になった場合でも、子供の親権は妻に渡ることが多いというのも覚えておきましょう。
下記は、夫が浮気したケースでの記事ですが、親権が妻に渡りやすいという理由がよくわかると思います。

 

浮気で離婚する場合の親権【夫が浮気!子をもつ母としてすべきこと】

 

もし、子供の親権を譲る気がないようならなおさらのこと、離婚を切り出す前に妻の浮気の確固たる証拠をおさえるようにしましょう。

 

これでも100%とはいえませんが、妻の浮気が子供に悪影響を与えていたことが証明できれば、夫に親権が渡る可能性もでてくるのです。

 

妻とやり直すにも証拠が大切

「離婚は迷っている、できるならやり直したい」
こんなお気持ちならなおさらのこと「不貞の行為の有無を確認」して、「証拠をつかむ」ことが肝心です。

 

不貞の行為があってもなくても、「君のことが心配だったから探偵を使って調べた」こんな風に伝えて浮気の証拠を奥さまに見せるのです。

 

たいていの女性は、「心配だったから」と言われると言葉がなくなります。そして、目が覚めることも多いものですよ。この時に大事なのは、声を荒らげないこと。そして、どうして浮気したのかの理由を確認することです。

 

奥様の素直な気持ちを引き出すためにも、証拠の存在は重要です。
もしやり直したいなら、自分で尾行したり、奥様のカバンを調べたり・・・安易には動かないほうが賢明です。
何をすべきか、何をやってはいけないかは、探偵社の無料相談で確認しておくのがおすすめです。スマホから24時間相談することができます。

 

男性でもご利用しやすい浮気専用の無料相談

 

まとめ

妻の浮気で離婚を迷っている夫の方に役立つ情報をまとめてきました。
繰り返しになりますが、民法で離婚の理由とされるのは、不貞行為 です。

 

不貞の証拠を個人がつかむのは難しいので、経済力がある男性には、探偵事務所の浮気調査をおすすめします。

 

相談先には、テレビ番組の人探しでおなじみの原一探偵事務所をおすすめします。ここは、無料相談の時間をしっかりとって、浮気調査の立案まで無料です。。プライバシーにも気を配ってくれる点でもおすすめです。

 

この探偵事務所なら、当サイトからのご紹介で基本料金が半額になります。
「まずは、相談だけ」という方も専用のフリーダイヤルから電話するだけで、割引が効いた見積もり料金を出してもらえます。
損をすることはないので、無料相談で専用のフリーダイヤルをぜひ活用して下さい。

 

※クリックしていただくと、割引が効いた専用の電話番号のページが表示されます。

原一探偵事務所で基本料が半額になるページはこちら